スタイルガイド Style Guide

HOME > スタイルガイド

見出しスタイルについてです。

見出しのレベル2

見出しレベル3

見出しレベル4

見出しレベル5
見出しレベル6

テキスト装飾

楽器の音色や材料感、演奏家のエネルギーやホールの臨場感までもが豊かに表現され、より自然でより繊細な音で、感動との出会いができることを目指しています。
小音量で再生するときにも、大音量でのバランスを崩すことなく、実力を発揮する音づくりを実践しています。

リンクリンクの挙動です。強調もうひとつの強調

グループについて

天竜川の洪水で苦しんでいる人たちのために、私財を投じて堤防を築き、川の上流に植林をするなど、治山治水に大きな功績を残した。また、田畑への水の供給、木材の運搬を目的に、天竜川の水を浜名湖や三方原へ流す分水計画を立て「金原疏水財団」(のち金原治山治水財団)を設立し、自分の財産を提供。しかし着工には至らないまま、92歳でこの世を去った。計画が実行されたのは、その15年後。地元工事負担金は財団が全額寄付した。その後、1968年に三方原農業水利事業が、1979年に天竜川下流水利事業が完成し、明善の計画は1世紀余の歳月をかけて実現。現在、浜松市を中心とする県西部地域は、農産物の一大産地となっている。長期にわたり持続可能な明善の功績は、現代の国際開発目標である「SDGs」と共通する部分も多く、現在もその考え方が受け継がれている。

テーブル(通常テーブル)

見出しヘッド見出しヘッド見出しヘッド
見出し見出し見出し
ないようないようないよう
ないようないようないよう

リスト関連

  • りすとりすとりすとりすとりすとりすとりすとりすと
  • りすとりすとりすとりすとりすとりすとりすとりすと
  • りすとりすとりすとりすとりすとりすとりすとりすと
  • りすとりすとりすとりすとりすとりすとりすとりすと
  • りすとりすとりすとりすとりすとりすとりすとりすと
  1. ナンバーリスト
  2. ナンバーリスト
  3. ナンバーリスト
  4. ナンバーリスト
  5. ナンバーリスト

画像関連

画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ画像右寄せ。画像回り込みです。

画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ画像左寄せ

メディアと文章

このブロックを使う場合は文章のテキストサイズを必ずオフ(リセット)してください。

ここに内容を書くここに内容を書くここに内容を書くここに内容を書くここに内容を書くここに内容を書くここに内容を書くここに内容を書くここに内容を書くここに内容を書くここに内容を書く

グーグルマップ

リンクリスト

リンクリストインラインでチェックをつけると横並びになります。

画像大

コンテナーはみ出して大きい画像を表示させます。

キャプション

ボタン

ボタンのラベル

カラムレイアウト

事業経営の
基本方針

国家社会公共のための事業活動を一義とした明善。

1.身を修め家を斉えて後、始めて報効の道は開かれる。
2.事業には必ず資本を必要とする。この資本は質素倹約を基調として求むべきものである。そして、その事業が大きくなるに従ってその資本は共同出資方式にならねばならぬ
3.事業の発展進歩はその事業に携わる人々にある。そしてこの人物の育成は教育に俟たねばならぬ。

という信条を元に、蓄財の為の事業とは一線を画した経営を行っていた。

同じ社会貢献だとしても、利益からの余剰を寄附に回す、という考えではなく、国や地方の課題解決の為の資本を作る為に事業を興し、得た利益を別の課題解決の為の事業作りに用いるという構想であった。

また「金は値打ちのない場所(都会)で儲けて、値打ちのある所(地方)で使え」という考えのもとに、東京で複数事業を興し、遠州地方の治山、治水、利水事業へと投資し、持続可能な経営を志していた。


copyright©2013 kinpara chisanchisui zaidan all rights reserved