金原明善の
略歴
Profile

HOME > 略歴
1832年(天保3年)6月7日遠江国長上郡安間村(現浜松市東区安間町)に誕生
1868年(明治元年) 京都に上り、太政官民政局に天竜川治水策を建白
1872年(明治5年)自家を提供し、小学校を創設
1875年(明治8年)治河協力社を設立
1876年(明治9年)水利学校を創設
1877年(明治10年)内務卿大久保利通に謁見
天竜川治水のため全財産の寄附を申し出て、補助金下附の承認を得る
1878年(明治11年)財産整理を終え、私財6万5千円余を治河協力社に寄附
明治天皇治河協力社に行幸、明治天皇に賜謁
1879年(明治12年)  全財産を治河協力社に寄附
水害防除に努めたことを賞せられ金盃下賜
1880年(明治13年)静岡及浜松に出獄人保護事業を創始
1885年(明治18年)東里為替店(後の金原銀行)開設
瀬尻村官有林の委託植林を許可
1886年(明治19年) 新式機会製材(後の天竜木材株式会社)を開始
1887年(明治20年)瀬尻村所在山林1,200町歩の経営に着手
1888年(明治21年)従五位を叙せられたが、位記を拝辞
1890年(明治23年)日本治水協会を設立
治水雑誌を発行
1891年(明治24年)天城御料林の造林委託経営
1892年(明治25年)天竜運輸株式会社を創立
1897年(明治30年)濃尾大地震後の治山策として岐阜県本東部根尾谷を調査し、岐阜県下植林計画を立案
1899年(明治32年)瀬尻御料林植林完成/献納
1900年(明治33年)北海道瀬棚郡に金原農場を創設
1904年(明治37年)金原山林1,200町歩の寄附により、金原疎水財団(現 金原治山治水財団)を設立
1890年(大正3年)特旨を以て正五位に叙せらるる
1923年(大正12年)1月14日永眠

copyright©2013 kinpara chisanchisui zaidan all rights reserved