金原明善の
事業毎の年表
History

HOME > 年譜 > 利水

治水、利水、植林、製材、運輸、出獄人保護、北海道開拓、金融。多岐に渡るそれぞれの事業がいつどの様に興り、どの様な変遷を経て今に生きているかをご紹介致します。

  • 利水

浜松に天竜川分水準備事務所を設置

明治28年から調査に入り、明治32年に計画を樹立させ、浜松に天竜川分水準備事務所を設置した。しかし、この大規模な計画については社会的・経済的に受け入れる力がなく中止となる。

  • 利水

財団法人金原疎水財団を設立

明善はこのような情勢では実現が困難であるとして、金原林1,200町歩、400万本の造林地を提供して天竜川分水事業に充てることにした。

  • 利水

浜名耕地整理組合を設立

浜名郡下、浜松町他24ヶ町村の耕地面積1万町歩にわたる耕地整理事業を企て、浜名耕地整理組合を設立。この事業は取水源の一つとして、天竜川流水を二俣町西鹿島地先に置いて取水し、用水幹線を開削するとともに排水路を改良して、全区域の区画整理を行う計画であった。

  • 利水

金原疎水財団は金原治山治水財団へと改称

金原疎水財団は金原治山治水財団へと改称し、同財団が地元の工事負担金を金額寄付したことによって、浜名用排水幹線改良工事が着工された。

  • 利水

三方原農業水利事業 完成

  • 利水

天竜川下流水利事業 完成

copyright©2013 kinpara chisanchisui zaidan all rights reserved