金原明善の
事業毎の年表
History

HOME > 年譜 > 金融

治水、利水、植林、製材、運輸、出獄人保護、北海道開拓、金融。多岐に渡るそれぞれの事業がいつどの様に興り、どの様な変遷を経て今に生きているかをご紹介致します。

  • 金融

明善、東里為替店の経営を引き受ける

「東里為替店」と称する銀行類似の金融業の経営を引き受ける。早矢仕有的らによって開かれていた丸家銀行が経営破綻に追い込まれた銀行を、希望する株主の強力で者を組織し、明善はその中で中核的役割を担い、東里為替店を設立。

  • 金融

東里為替店を合名会社金原銀行に改組

前年の明治32年10月11日付で大蔵省より合名会社金原銀行設立を認可され33年1月1日を期して開業。

  • 金融

金原銀行、株式会社に改組する

銀行をより一層発展させるために、資本金100万円の株式会社金原銀行を設立する。当時明善は病床にあったため、頭取に養孫の金原巳三郎、常務取締役・支配人に阿部弥三郎を選任した。

  • 金融

金原銀行、三菱銀行に吸収される

昭和に入り、戦時色が強まると、政府は戦時経済体制の確立に向けて銀行合併を加速させる。こうした政策を受けて、金原銀行も三菱銀行に吸収され、その歴史に幕を閉じる。

copyright©2013 kinpara chisanchisui zaidan all rights reserved