金原明善の
事業毎の年表
History

HOME > 年譜 > 北海道開拓

治水、利水、植林、製材、運輸、出獄人保護、北海道開拓、金融。多岐に渡るそれぞれの事業がいつどの様に興り、どの様な変遷を経て今に生きているかをご紹介致します。

  • 北海道開拓

北海道開拓計画を明徳に語る

  • 北海道開拓

鈴木幾太郎(仁一郎実兄)は北海道へ出発

鈴木幾太郎(仁一郎実兄)明善の命を受け、北海道開拓の先輩丹羽五郎に同行、北海道へ出発。東里為替店(東京市日本橋区)に金原植民場本部を置き、北海道瀬棚郡瀬棚村字目名(現、瀬棚郡今金町鈴岡)に金原植民場事務所を開設

  • 北海道開拓

北海道金原農場の開拓・経営に関する契約書を取交す

北海道の金原農場は漸次貸下地を拡張し、当時合計300万坪に達する。

  • 北海道開拓

金原農場を西・南・北金原の3地区に分つ

  • 北海道開拓

利別川氾濫し、金原農場に浸水する

  • 北海道開拓

金原農場の水害見舞いのため、喜一を同伴北海道へ出発

一ヶ月の滞在の後、帰京

  • 北海道開拓

北海道金原農場に澱粉工場設置

  • 北海道開拓

北海道金原農場に、石油発動機を設備せる澱粉工場設置

copyright©2013 kinpara chisanchisui zaidan all rights reserved